【パンツ撮影方法】中級編(ファイター:サプライズダンク)

※カメラ操作の仕様変更のため以下の撮影方法を利用する必要はなくなりましたが、参考までに掲載を続けます。


今回は両剣を装備して、ファイターが使えるPA「サプライズダンク」を使ったパンツ撮影について解説していきます。
中級編なので少しだけ難しいかも知れませんが、慣れでカバーを!


こんな感じのSSを撮るのを目標に!
pso20130201_214743_134sk.jpg

今回はパンチラというよりも、かっこいいSSを撮った末の
「あ、パンツも見えてる」みたいな感じのものを目指そうという意図で(?)。



ちなみにコスチュームは、キャンディークラウン華桜を着てやります。

サプライズダンクでのパンチラは、キャンディークラウン系のコスチュームがいいかなという独断と偏見で!
もちろん他のスカート系コスチュームなら、大体パンツが見えますが、
特に今回はキャンディークラウンにこだわってやります(´・ω・`)!
こだわるからには理由がある…?



前置きはこの辺で、では解説へ。


まずは狩り場に降りたら、自分のキャラを正面から見るようにします。
狩り場は平地がいいですね。私はザウーダンを倒すクエの初期位置で行いました。
pso20130201_214728_126.jpg



マウスホイールを上に回してカメラ距離を近づけます(キャラ表示をアップにします)。
pso20130201_214730_127.jpg



今度はマウスを動かして、自分のキャラにカメラを近づけます。
できるだけアップに調整してほしいところですが、ギリギリまで近づけると
サプライズダンクで撮りたい瞬間に自分のキャラが消えちゃうので、ほどほどの調整で。
(相変わらず説明下手ですまぬ・・・)
pso20130201_214734_128.jpg



角度は正面のままでもいいですが、若干左側にすると更に良い感じに撮れる、かも。
pso20130201_214738_129.jpg



準備が終わったら、いざサプライズダンクを繰り出す!!
撮るタイミングはジャンプしてからの、着地した瞬間にパシャ!!と。


pso20130201_214740_130.jpg pso20130201_214741_131.jpg pso20130201_214741_132.jpg


そう、ここ!着地のこの瞬間!!
pso20130201_214742_133.jpg

着地したらPrintScreen連打でいいくらい!!
pso20130201_214743_134.jpg


と、こんな感じに撮れます。

最初に角度を微調整してサプライズダンクを繰り出すことで、微妙に異なる印象のSSが撮れるので
研究する価値あり!かも。



で、なぜサプライズダンクをするときはキャンディークラウンにこだわるか…。

パンツが見えるから…。それは当然として、パンツからはみ出た股間に向かう線が見えるから!!
その部分の正式名称は分かりませんが、その部分にエロスを感じるわけです!

※画像の右上小窓の「ここ⇒」って書いてある部分をご参照下さい。
pso20130201_211126_028.jpg



あるいは、はみマン気味になってる部分とか!
pso20130201_210942_018.jpg


これはキャンディークラウンだからこそ、その部分が撮れるというわけですねぃ!

まあ、そこにエロスを感じるっていう意味では上級編とも言えるかもしれませんが…。



そんなわけで、サプライズダンクによるパンツ撮影方法でした。

解説で解りづらい部分とかあればコメントか拍手コメントへお願いします。



【オマケ編】
サムネイルをクリックすると本来のサイズで見れます。

pso20130201_211000_023.jpg pso20130201_211024_026.jpg pso20130201_212408_069.jpg pso20130201_212901_074.jpg


ではまた次回!

スポンサーサイト

【パンツ撮影方法】初級編(ハンター:自在槍のガード)

※カメラ操作の仕様変更のため以下の撮影方法を利用する必要はなくなりましたが、参考までに掲載を続けます。


今回は主にハンターが装備できる自在槍を使ったパンツ撮影について解説していきます。

たぶんパンツ撮影の中で最も簡単な方法だとおもいます。


というわけで(?)こんな感じのSSを撮りにいきます!
pso20130121_231425_120.jpg


準備としては自在槍を装備します。
今回は初期服で人気のあるウィオラマギカを着て、場所は遺跡エリア3のボス前でやってみます。
pso20130121_231255_113.jpg


遺跡エリア3は光源が自然な感じなのと、ちょうどいい坂があるので。
そうなのです!今回は坂があるところがポイント!その方がより下から撮れるから!


まずは下り坂を下りる向きに立ちます。
pso20130121_231307_114.jpg


そしてマウスホイールを上に回して、カメラ距離を近づけます。
pso20130121_231312_115.jpg


さらにカメラ距離を自分のキャラに近づけます。
pso20130121_231315_116.jpg


思い切り近づけましょう!自分のキャラが消えない範囲ならOKなので。
pso20130121_231319_117.jpg

準備が済んだら自在槍を装備した状態でガード!
pso20130121_231322_118.jpg

すると、あっさり見える!しかもはっきりと見える!

あとはガードした状態のままでマウスをスライドしてアングルを調整して
PrintScreenキーで撮りましょう!

pso20130121_231435_123.jpg

光源が逆光にならないように注意しつつ納得の一枚をゲットするのです!
pso20130121_231449_125.jpg



もちろんウィオラマギカ以外のスカート系コスチュームなら大体パンツが見れます。

キャンディークラウンも見える!!
いや、これは常時見えているか・・・。
pso20130121_231538_126.jpg


ハートブレイカーだって余裕で見える!
pso20130121_231552_128.jpg

pso20130121_231603_132.jpg


カナギマイヒメは袖が邪魔するので、少しアングル調整が必要になりますが見えます!
pso20130121_231710_143.jpg

pso20130121_231747_148.jpg


さらには、鉄壁の防御を誇るフィーリングローブ。
このコスチュームはさすがに見えないだろうと思われますが
pso20130121_231828_155.jpg


なんと見えるではありませんか!
pso20130121_231834_156.jpg


どうすればフィーリングローブでパンツが見えるんだ…って悩んでいたのは何だったのか。

ちなみに私はこの記事を書く前に撮った段階で知りました…。
pso20130121_232725_157.jpg


今回の撮影方法は、自在槍を装備して、少し坂のところに立てば楽に撮れるので
まだ撮影に慣れていない人にもお勧め!



【オマケ編】

サムネイルをクリックすると本来のサイズで見れます。

pso20130121_223415_085.jpg pso20130121_231644_136.jpg pso20130121_231810_152.jpg

【パンツ撮影方法】初級編(レンジャー:ダイブロール)

※カメラ操作の仕様変更のため以下の撮影方法を利用する必要はなくなりましたが、参考までに掲載を続けます。


今回はレンジャー(とガンナー)の回避動作のダイブロールを使ったパンツ撮影について解説していこうと思います。

レンジャーでランチャーかライフルを装備すればすぐにできる動作なので
PSO2(Pants Satsuei Online)を最近始めた、もしくはこれから始めようという人にもオススメ、かも。

今回はこんな感じのSSを撮りたいと思います。
pso20130119_225232_096s.jpg



ちなみにレンジャーでやるなら、ライフル系の武器が良いです。
ランチャー系だとデカイのでパンツが映りにくいという難点があるもので。
今回もウィオラマギカを着ていますが、スカート系のコスチュームなら大体パンツが撮れます!


まずはマウスホイールを上に回してカメラ距離を近づけます。
pso20130119_210618_016.jpg


次にマウスをスライドさせてキャラをできるだけアップに表示させます。
あまりアップにしすぎると、キャラ表示が消えてしまうのでご注意を。

角度は、キャラを正面から見る感じで大丈夫です。
お好みで若干右向きに調整しても良いかと。
pso20130119_210622_017.jpg


そして、いざ!ダイブロール!!
前転して回避するような動作の一部分がおぱんつ全開なのです!

pso20130119_210624_018.jpg

タイミングは慣れるまで難しいとおもわれますが、慣れれば簡単!
そりゃあ、何でも慣れれば簡単だろう・・・って言われそうですが…。


そのタイミングも文字で伝えるのは難しいですからね…。

無理して書くなら
ダイブロールの効果音を「ぐるん」って表現して
PrintScreenの効果音を「パシャ」って表現するなら
「ぐるんパシャ」、みたいな。

pso20130119_210642_021.jpg



タイミングも重要ですが、こだわる人はアングルも大事になってくるか。
あんまり右向きになりすぎなければ、問題なくパンツが撮れると思います。

pso20130119_225143_091.jpg

こんな感じに撮れればよし、と!!
pso20130119_225144_092.jpg


右向きになりすぎたらこうなっちゃうのでご注意を、という一枚。
pso20130119_225259_100.jpg



今回の解説でわかりづらいところとか、もっと詳しく説明して!!っていうところがあれば
コメントか拍手コメントでお願いします。




【オマケ編】

pso20130119_211214_055s.jpg

pso20130119_225512_115s.jpg

pso20130119_225916_121s.jpg

【パンツ撮影方法】初級編(ハンター:ツイスターフォール)

※カメラ操作の仕様変更のため以下の撮影方法を利用する必要はなくなりましたが、参考までに掲載を続けます。


今回は初級編で、ハンターのPAのひとつ、ツイスターフォールを使ったパンツSSの撮り方を解説していきます。

といっても、パンツ撮影の中では簡単な方ですので、アングルの調整さえ上手くやれば
誰でも楽に撮れると思います。


で、今回はこんな感じのSSを撮っていきます。
pso20130114_195355_006.jpg



撮影場所はとりあえずすぐに行けるキャンプシップで、
服は初期服で人気のあるウィオラマギカを着てやります。

武器はソード系なら何でも良いですが、できるだけコンパクトなソードのほうが
パンツ映りの邪魔にならなくて良いかも。
私はここでは、いつも装備しているラストサバイバーを使用します。


まずはキャンプシップに降りたら、階段の中央に立ちます。
理由はアングル調整のためで、ツイスターフォールは平面の地よりも
少し坂になっているところの方が、良いものが撮れるからです。
pso20130114_195726_008.jpg


キャラの向きをSSのようにします。
そして、マウスホイールを上に回して、カメラ距離を近づけます。
pso20130114_195729_009.jpg



次にマウスをスライドさせてアングルとカメラ距離を調整します。
できるだけ下から上を見上げるようなアングルを狙います。
カメラ距離が近すぎるとキャラ表示が消えるので、消えないように、かつ、できるだけアップに近づける!
pso20130114_195736_010.jpg


ウィオラマギカなら、立った状態で若干パンツの一部が見えるくらいで。
大体こんな感じになります。
pso20130114_195747_011.jpg



そしてPAのツイスターフォールを繰り出す!
繰り出した直後すぐにPrintScreenキーを押します。
もう、本当にすぐ!!パパン!!って感じで。
pso20130114_195754_012.jpg

すると、振り落とす前のモーションでパンツがはっきりと見えます。撮れます!




もう少し角度調整がしたいと思ったら、アングルとカメラ距離を変えずに
キャラの向きを微妙に変えるという手もあり。
その方が、場合によりけりですが楽な場合もありますので。

今回の場合ですと、若干(本当に微妙に)キャラを左向きにずらすといいかも。
pso20130114_195815_017.jpg




そしてまたツイスターフォールを出してすぐにPrintScreenキー!!
ツイスターフォールは立ち位置がほとんど変わらないPAなので撮影が楽でいいですね!
pso20130114_195816_018.jpg


どんどん撮って、納得の一枚をゲットしましょう!!
慣れてくると微妙な違いがすごく気になってしまうという…。
pso20130114_195930_025.jpg



ウィオラマギカでパンツが撮れるのなら、他のスカート系コスチュームでも大体はパンツが撮れる!
なので、手持ちの色々なスカート系コスチュームで撮りまくりましょう!!
pso20130114_200022_032.jpg




また、ツイスターフォールは振り下ろす直前のモーションだけじゃなくて
振り下ろした直後のPAの終わり間際も、お尻好きにはなかなか良いものが撮れそう。

立ち位置を変えずに180度くるっと回って、
例えばスカートが簡単にめくれるアークス研修生女子制服を着てツイスターフォールを繰り出してみます。
pso20130114_200402_062.jpg

pso20130114_200404_063.jpg

pso20130114_200405_064.jpg

なんかモッコリしているようにも思えますが、そこには夢がたくさん詰まっているということで…。





さて、今回はキャンプシップを撮影場所に選びましたが、緩やかな坂がある場所なら大体撮れると思います。
個人的には、遺跡のエリア3に入ってすぐのところが良いスポットだと思ってます。
緩やかな坂がありますし、光源も自然な感じですので。
pso20130114_202625_073.jpg


案外、アングルと距離調整はキャンプシップの階段より楽かも?
pso20130114_202636_075.jpg

pso20130114_202639_076.jpg


説明はこんなところで、後はアングルやらキャラの向きやらを微妙に変えていきながら…
試行錯誤を繰り返しながら納得の一枚を撮っていきましょう!

pso20130114_210320_085.jpg

pso20130114_210335_087.jpg

pso20130114_211547_097.jpg


解説の中で解りづらいとか、もっと詳しく説明して!ってところがあれば
コメントか拍手コメントにお願いします!

【パンツ撮影方法】準備編+初級編

※カメラ操作の仕様変更のため以下の撮影方法を利用する必要はなくなりましたが、参考までに掲載を続けます。


この記事ではPSO2でのパンツのスクリーンショット(SS)撮影方法について解説していきます。

※ここに書いてあることが最適な方法とは限りませんので、あくまで参考程度にしておいてくださいまし…!

【撮影前の準備】

とりあえず準備編ということで、撮影の環境といいますか、
私のオプション設定や操作方法を基準に書いていきます。



オプション項目で見るところは「操作設定」の「マウス操作」ですね。
pso20130111_222028_082.jpg

私は普段、パッドでキャラ操作、キーボードはチャットやロビーアクションに使う設定でやっています。
マウスは「カメラ距離変更」で使うくらいです。

で、この「カメラ距離変更」が重要!

ホイールを上に回すとキャラ表示がアップになって、下に回すと標準の表示に戻ります。
あとマウスを動かすとアングルを調整できるように設定しています。

なのでこれからの説明は、上記の操作方法で行っていきます。


【いざ、撮影へ!】

初級編ということで、まずはハンターのステップアタックでのパンツ撮影から。
服は、とりあえず今回は初期服で人気のあるウィオラマギカでやります。
撮影場所は、光源が標準的で平面な地から開始する「ザウーダンを討伐せよ!」のクエで。


※解りやすいようにインターフェイスを表示にしています。
サイズは1920×1080を切り取り等はせずそのまま縮小しています。



まずはデフォルトの映りから。
PCの環境等にもよりますが、最初のアングルはこんな風になると思います。

pso20130112_222317_002.jpg


とりあえずステップアタックを行うにあたり、キャラを正面から見るようにマウスでアングルを調整します。

ステップアタックなら正面より若干右を向いた方が良いアングルで撮れますので、そのようにアングルを調整します。
思い切って30度くらい右に向けても良いかも。

pso20130112_222606_003.jpg



次にマウスホイールを上に回してカメラ距離を近づけ(キャラ表示を大きくし)ます。
するとこんな感じの画面になると思います。

pso20130112_223219_004.jpg




お次はマウスを動かしてアングルを更にキャラに近づけます。
あまり近づけると、キャラ表示が消えちゃう仕様なので適度な距離を保ちます。

目安としては、身長170cm前後なら頭が画面上にぶつかるくらいで。

pso20130112_223651_005.jpg



そしてステップアタックを繰り出しつつ、タイミングよくPrintScreenキーで撮影しましょう!
仕様では0.2秒ごとに撮れるので、連打して何枚も撮ってその中から厳選するという手もあり。

pso20130112_224154_006.jpg

pso20130112_224155_007.jpg


この段階でもなかなか良く撮れてると思いますが、さらにアップで撮りたいって思うのが紳士というもの(?)


そこで次はもっとアップで撮影に挑戦してみます。


さっきは画面上にキャラの頭がぶつかるくらいでしたので、今度は口元がぎりぎり映るくらいまでにアップにしてみます。
身長が170cmより低い場合は目がぎりぎり映るくらいが良いのかも?

キャラの向きも同じく正面から若干右を向く感じに。

pso20130112_225523_028.jpg



そしてまたステップアタック!!

pso20130112_225525_029.jpg

pso20130112_225526_030.jpg

微妙に、ではありますがさっきよりアップに撮れてますね。

この調子でさらなるアップに挑戦してみます。



今度は顔が完全に見えなくなるくらいまでアングルを近づけます。
キャラの向きはやはり正面から30度ほど右側を向く感じに。

pso20130112_230439_039.jpg


そしてステップアタック!!

pso20130112_230441_041.jpg


今度はカメラ距離が近すぎて、キャラが消えかかってますね…。

ということは、このキャラの場合は、立ちポーズで口元が映るくらいまで近づけて
ステップアタックを繰り出すのが、キャラが消えないぎりぎりのラインということになりますね。


ただ、あくまで目安ですので、身長の高低によって差は出てくるかと思われます。

そこは各々、微調整を繰り返して最適な距離を覚えていただくという方向で…。



説明の中で解り難いところとか、もっと詳しく説明してほしいところがあれば
今回の記事に付け加えたりしますのでお気軽にコメントか拍手コメントでお願いします!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。